トップページ > 診療科・部門 > 診療部門

診療科・部門

診療部門

内視鏡検査 

<上部内視鏡検査>

当院は胃カメラにおいて、患者様に負担の少ない検査、また精度の高い診断を目的として最新の経鼻内視鏡を採用しています。

経鼻内視鏡の特徴

スコープが舌根部を圧迫しないので嘔吐反射(オエッとなる反射)をほとんど感じずに検査ができます。
検査中に会話が可能となります。口から内視鏡を挿入する場合は口がふさがってしまうために
  検査をしているときは話ができません。しかし、鼻からの場合は口がフリーとなり、質問をしたいとき、
  気分を告げたい時など、医師と自由にお話できるので安心です。
検査後にすぐに日常生活に戻れる。鼻腔(びくう)への局部麻酔を行いますが、麻酔から覚めるのも早く、
  検査後に食事を摂取したり、車を運転するなど日常生活へ戻れます。

<下部内視鏡検査>

食生活の欧米化により大腸の病気(大腸ポリープ、大腸がん、潰瘍性大腸炎、憩室症など)が増えています。特に大腸がんによる死亡率は胃癌に次ぐ高さとなり、その早期発見と早期治療の必要性が叫ばれています。
検査によりポリープが見つかり、内視鏡的に処置が可能な状態であれば、治療を行います。以前は手術しか治療法がなかった癌でさえも、早期であれば内視鏡手術で治療が可能となり、完治する可能性が非常に高い病気です。よって癌の早期発見・早期治療のためにも下部内視鏡(大腸ファーバー)による検査を受けることが非常に重要となります。

マルチスライスCTとは 

「CT」というのは体の断面を撮影することのできる機械です。
従来のCTでは単なる断面図しか映し出せない上に時間もかかるものでした。マルチCTでは撮影した画像をコンピューター処理することで、3次元の画像や動きのある画像を作り出すことができ、より精密な画像にてより正確な診療を行うことができます。

慢性閉塞性肺疾患の例

※黄色の部分が異常の部分です。

超音波検査(エコー検査) 

<心臓超音波検査>

心エコー検査とは、体表面(胸部)から超音波を心臓部に発信し、その反射波をひろい画像として表し、心臓の形態や状態、機能などを調べます。この超音波は、X線と違って被爆の心配がなく、人体に害はない検査です。現代の「突然死」の原因は、そのほとんどが心臓発作を始めとした突発性の心臓疾患となっています。心臓の異常を早期発見するために心エコーは非常に有効です。
発見が可能になる病気として、以下のものが挙げられます。
心肥大・拡張型心筋症・各種弁膜症・心拡大・心筋梗塞・先天性の心臓病・肺高血圧・弁狭窄症など。

<腹部超音波検査>

腹部超音波検査では肝臓の他、胆嚢(のう)、総胆管、腎臓、脾臓、膵臓などを注意深く観察するようにしています。急性肝炎や脂肪肝・肝硬変・肝臓癌などの肝疾患の他、胆嚢炎・胆石・胆嚢ポリープ・胆嚢癌、急性膵炎・慢性膵炎・膵臓癌などさまざまな疾患を診断することができます。
B型やC型肝炎ウィルス陽性の方は、肝臓癌の早期発見のため、約3〜6ヶ月毎の定期検査もお勧めします。また、40歳以上の方は1度は検査しておく事をお勧めします。

<頚部超音波検査>

頚部超音波検査は近年注目されている検査です。近年では首の血管の内側に血栓(血の固まり)ができ、それが剥がれ脳に飛び、血管を詰まらせる「脳塞栓症」といわれる病気が増えています。そこで、リスクの高い高血圧、高脂血症、高尿酸血症、心臓病を持っている方に頚部エコーの検査をお勧めします。
また、動脈硬化による血管の詰まりなどを頚部超音波検査により観察しさまざまな適応疾患を予防するのに適しています。